いびきは夫婦不仲の元 | いびきのお悩み解消!いびきあるある体験談

いびきのお悩み解消!いびきあるある体験談

いびき 原因、いびき防止、いびき対策を考える支援サイトです

いびきは夫婦不仲の元

   

私だけが聞いています

私は43歳、専業主婦です。毎晩夜に、寝室にて私一人が夫のいびきを聞いている状況です。夫は中肉中背なので、本来いびきをかきやすいと言われる肥満体型ではありません。しかし、そのいびきたるや雷鳴でも轟いたのかと思うほどの大きな、インパクトのあるいびきです。

その原因はどこからくるのかと言うと、仕事の疲労感とそして慢性鼻炎からきているのではないかと思います。つねに口呼吸になりがちなので、無防備に寝ているときいびきが抑えられずに出てしまうのだと思います。この解決方法ですが、いろいろ試しましたが、夫の寝ている向きをすこしずらして背中を少し高くしたりすると、一時的にいびきは消えます。

顔をみるのも嫌になります

しかし、ふたたび自分から体制を変えれば、いびきは復活します。ゆえに、同じ空間で夫のみが寝ており、私だけが起きているという状況下ではこちらの安眠も著しく妨げられて、不快しかありません。本人は、熟睡しているので、気にもとめていない様子なのが益々苛立つ要因になります。

朝起きて、いびきについて注意喚起しても本人にとっては無自覚なので、心からのお詫びをもらったとしても、夜になれば同じことに繰り返しになっていまします。だんだんと不仲になり、顔をみるのも嫌になります。こうしたことから、私たちは部屋を別々にして睡眠をとることにしました。

工夫しているのは妻である私のみです

とはいえ狭い家なので、寝室のとなりの居間に寝てもらっています。また、いくら部屋を変えても強烈な爆音は消えるわけではありません。隣で寝ているほどのダメージはありませんがそれでも気になって仕方ないレベルのいびきなのです。そこで、私は耳栓を購入しました。100円ショップで売っているような安いものですが、それでも部屋を変えてさらに耳栓をするだけで、いびきの恐怖からは逃れることができています。

小さな工夫の積み重ねが夫婦円満の秘訣だなと思いますが、工夫しているのは妻である私のみですので、夫にはより確実にいびきが消えるように、耳鼻科の診察を受けて欲しいと心から思います。そのへんの思いやりがあれば、きっともっと夫婦の心の近寄っていけるのにと残念に思います。

できないのなら結局は私たちが

自分中心で、自分さえ問題がなければ周囲が自分に合わせればいいのだという傲慢な気持ちは、本当によくないことです。毎晩苦々しく、耳栓を装備しながらそのように感じています。結局は、いびきをかく本人の決意でしか改善の余地はないのかもしれません。それができないのなら、迷惑を被っている私たちが対処するしか道がないのです。

スポンサーリンク



 - いびき体験談