帰省で実家に寄った際に経験したいびき | いびきのお悩み解消!いびきあるある体験談

いびきのお悩み解消!いびきあるある体験談

いびき 原因、いびき防止、いびき対策を考える支援サイトです

帰省で実家に寄った際に経験したいびき

   

猛獣のようなうめき声で思わず目が覚めました

50歳男性です。親の介護の関係で無職の状態にあります。十年前までは建設会社に勤務していた関係もあり、実家を離れて暮らしていました。まだ会社勤めをしていた十数年前頃に夏休みが取れたこともあり、久々に帰省しました。その時、ちょうど弟夫婦も帰省していました。久々の再会ということもあり、夕食時には普段よりも酒もすすみ、いい気分で床につきました。

和室の畳敷の座敷に、弟夫婦と私と妻の4人で雑魚寝という状態でした。酒が効いたのかすぐ寝付いてしまっていたのですが、寝てから小一時間が経っていたと思います。すると猛獣のうめき声のような音がしたので思わず目が覚めました。寝ぼけていたのかと思っていたら、そうではなく、横にいた弟のいびきでした。起きてみると、私の妻の方が先に目が覚めていたらしく、苦笑いで「いびきがすごいから目が覚めた」と目をこすっていました。

慣れとは怖いものだと思いつつ女性は強いと感じもした瞬間でした。

しばらくすれば、おさまるだろうと思っていたので、そのまま横になっていました。ところが、一時間経っても収まらず、かといって揺り起こすわけにもいかず、と弟の嫁さんをみると何事もないように熟睡していました。仕方なく、私たち夫婦二人は別の部屋に床を取り直して眠ることにしました。

翌朝になってそのことを話してみると、弟の嫁さんは「いつものことなので私は慣れましたけどお兄さんたちは眠れなかったですよね」とあっけらかんとしたものでした。あの猛獣のようないびきの音の中で熟睡できる弟の嫁さんには驚き、慣れとは怖いものだと思いつつ、女性は強いと感じもした瞬間でした。いびきをかいていた本人の弟自身は全く意識なくどんな状態なのか把握していないので、説明してやることになりました。

今ではいびきをかくこともなく過ごせている様です

ただ、弟の嫁が言うには、日常的にいびきがひどい状態が続いているらしく、笑い話にもできず、一度病院に診せることを勧めました。と言うのも弟の体重は当時100キロを超えていて、明らかに肥満状態にあり無呼吸症候群の症状を起こしているのではないかと思ったこともありました。その帰省の数週間後、弟本人も気になったらしく病院に診察を受けに行ったらしく、やはり肥満からくる無呼吸症候群の症状を起こしているという診断だったらしいのです。

その後は、食事制限による体重の減少を図り、それと同時に運動療法と両方での節制を図る指示が出されていたようでした。数ヶ月後には体重も20キロほど減少に成功し、体調も良くなり、夏の帰省の際のようないびきをかくこともほとんどなくなったと弟の嫁さんから連絡をもらいました。弟は多少のリバウンドはありながらも体重は減量している状態で、今ではいびきをかくこともなく過ごせている様です。

スポンサーリンク



 - いびき体験談 , , , ,